2017年07月04日

家族が後悔する延命治療をなくしたい!

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+


*─…‥心と身体のStudyMail‥…─*



『Neo Nurse』のメルマガ



※過去の配信分はここで読めます。↓
http://rinko-merulog.seesaa.net/



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

家族が後悔する延命治療をなくしたい!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-




読者さま

こんばんは。山咲凛子です。





先日はNeoナースクイックマスターコースの2日めでした。


受講されたナースは長年救急医療やICUで勤め、延命治療の不適正を感じてきたナース。



緊急時に「どうか助けてください」と言った家族が、その後の患者の状態を見て「こんなことになるなんて、想像もしなかった…」「本人もきっとこんな状態望んでなかったと思う…」と無念な結果に至るのを数々見てきたと。


適正化を図りたいけど、何が間違っているのか、どこを是正すればいいのか答えが見つからず、Neoナースにたどり着いたそうです。






不適正な延命治療が行われてしまうのには、複数の要因が絡み合っています。


1.延命治療を行なった後のことを医師が説明しないこと。


2.社会全体が長生きを
良いと思っていること。

3.家族が患者の望みを代弁できないこと。


その結果、治療を受ける患者が置き去りにされてしまいます。



医師が延命治療を行なった後のことを説明しないのは、緊急時に話す時間がないからでしょうが、それは言い訳に過ぎません。


患者の幸せだけでなく、家族の人生をも変えてしまう延命治療の二次的な問題を話さないのは、そのうち問題視されるのではないでしょうか。













では、なぜ家族は“長生きすることが良い”と思ってしまうのでしょう?


なぜ家族は患者の望みを代弁できないのでしょうか。

ところで看護師は?


関わっているナースが必ずいるだろうに、ナースの役割がどこにもありません。


ナースが単に医師の補助業務になってしまっているのは非常に悲しいことですね。

















Neoナースクイックマスターコース初日の冒頭でこの話が問題定義となりました。




授業ではそのことについて一つの答えを見出すために、マズローの5段階欲求説から話が始まりました。

なぜ今の高齢者が、これほどまでたくさん要介護・認知症の状態になってしまっているのかついても示唆しなければなりません。


昭和の高度成長期を生きてきた方々の求めてきた幸せの結果がこうなったのであれば、私たちは幸せの価値基準を変えなければなりません。

幸せの意味、生まれたことの意味、生きることの意味。


そして今、子供に注意を向けるときの関わり方一つ一つを省みていかなければ、私たちの子供もまた、単に親を長生きさせることを良しとして自分の責任を引き受けることができず、不適正な延命治療を招いて、自ら負担を抱えてしまうのです。







初日はプロコミュニケーターの考え方の原則を学び、ワークで悩みの解決方法を体感していただきました。

そのうちの一つ、人生を変える自分への質問を宿題にしました。

この質問は、嫌われる勇気でヒットしたアドラーと同じ目的論ですが、クイックマスターコースでは20〜30分ほどでレクチャーします。

その後、世界の天才セラピストと言われる3人がクライアントに使っていた5つの質問のスキルを習得します。

そして直接的な対人コミュニケーションのトレーニング。

これらは問題を抱えた患者さんやその家族に使える実践的な方法です。

受講したナースは、こうしたトレーニングを受けながら、初日終了後に一つの仮の答えを見つけたようでした。










そして2日めの講義では、それをどのように体現していくかについてワークを重ねていきました。



1つめは、問題状況を見通すメタ認知の手順。


2つめは客観しながら目標を設定していくライフチャート。


ライフチャートはバランスホイールが基になっていて、それだけでも1日がかりのワークショップとして開催している人もいますが、クイックマスターコースでは1時間ほどでサラッと行います。






そのとき起こる潜在能力を脳科学的に説明すると「その脳の名称、久しぶりに聞きました」「引き寄せのこと?と思いましたが」と。




そうです。引き寄せの法則で1日ワークショップが行われていますし、引き寄せスクールもありますが、Neoナースクイックマスターコースでは脳機能の説明とワークでサラッと行います。



その後、苦手や嫌いなど効果的でない感情の鎖を断ち切るワーク、そして未来を先取りで体感しちゃうワーク。


自宅に帰ってからも使えるよう、一連の手順を習得されました。





少し前に起業したナースのことをお伝えしましたね。

「ワークをやったら、なぜかスルスル〜って起業しちゃったんですよ」とおっしゃっていたナース。

彼女も未来を先取りするワークを行なっていました。

私たちはつい頭で理解したくなりますが、物事を動かしていくのは“身体”です。

身体が動いてくれなければ、書類を書くことも、会場に出向くことも、口を開けてご飯を食べることも叶わないのです。

身体をその気にさせてあげることが先決です^^









ーWHOの健康の定義はー

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではない。

肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることを健康という。 





ナースの役割り、まだまだたくさんありそうです。

久下渚さんの今後の活動を見守ってあげてくださいね。

『生き方死に方医療の適正化』

http://ameblo.jp/nagi-smile-life/entry-12281094576.html





あさって木曜日は大阪・難波のスイスホテルでカフェ♪

「Nurse & Heartの時間」
〜辛さを解放する魔法の質問〜

おしゃべりしに来てくださいね^^
https://peraichi.com/landing_pages/view/nurseheart




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………


【看護の本質とは】


看護の本質は「関わり」である。

日常生活の援助とコミュニケーションを通して心身の問題を解き、その人なりの正道に従えるよう導くこと。

その人が正しいと思う日常生活が維持でき、健全な心と身体を取り戻す関わりが看護の本質である。

ゆえに看護師は実存的価値を持ち、自らの心身の健康を実践しているべきである。



『看護の本質は“関わり”である』
〜理想と現実のギャップとは〜
http://rinko.in/archives/5433


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………


どうすることもできなくなったとき…
あなたは一人じゃないよ。相談してください^^

ナースほっとLINE
http://rinko.in/session


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


ナースがつくるナースのための
ナースサミット(^^)/

10月9日(祝)
グランキューブ大阪(国際会議場)
http://www.gco.co.jp/access/


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


「やっぱり看護が好き」になる7つの強みを身につける

看護×コーチング=Neoナース(NCS)
http://rinko.in/neonurse


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


プロコミュニケーションスクール(PCS)
http://rinko.in/school

◇大阪7月開講
◇東京9月開講
◇福岡9月開講

受講料54万円
適宜、受講相談に応じます。

現在開催予定の体感LIVEは
7月5日19時大阪
7月8日16時半東京
7月14日19時大阪
7月17日福岡

お申込みはこちらから
http://unohiromi.com/?p=416


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


プロフェッショナルコミュニケーションスクール
入門クラス【イヴニングPCS】

8月開始分は受け付けを終了しました。
http://rinko.in/archives/4622


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


いつか更年期を迎えるすべての女性に
『更年期は黄金期』(16分動画)

https://youtu.be/8mE7_VrRjfM

情報受信はLINEで
https://line.me/R/ti/p/%40konenki

もしくはLINEアプリで検索 → @konenki(@をつけて)


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


【Neoナースクイックマスターコース】

7月29日(土)7月30日(日)
https://www.plawix.com/neonurse-qmc

残席2名



。o○。o○゚・*:.。.あとがき .。.:*・゜○o。○o。


心のことに敏感になっていくと、知覚神経も鋭敏になっていきます。

ほんのちょっとの刺激が身体の変化になって現れます。

更年期になってより敏感になったような。

合わないものにすぐ反応してしまう代わりに、合うものにもすぐ反応する。

ちょっとした心の変化で身体が変わる。

おもしろーい。

心のことや健康って、自分自身が実験台だから、退屈しないんです。笑

いくらでも面白がって研究できます。

LINEでいろいろつぶやいていきたいと思ってます。

もうちょっと人数集まったらね。

いつか更年期を迎える人も登録してね^^


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+


発行者

プロフェッショナルコミュニケーションスクール
主任講師/山咲凛子

このメルマガ宛てに返信できます^^

Web
http://rinko.in

登録はこちら
http://rinko.in/mailmagazine

配信停止はこちら
http://plag.jp/rinko/reg.cgi?reg=del&email=post-rinko-merulog@blog.seesaa.jp

posted by 山咲凛子 at 21:32| メルマガlog | 更新情報をチェックする